フィプロフォートプラス通販で外部寄生虫を予防しよう

\90秒で注文完了/フィプロフォートプラスの購入はこちら

ペットのイメージ画像愛犬や愛猫の健康を脅かす寄生虫の1種である、外部寄生虫

外部寄生虫は名前からなんとなく想像できるように、体の外に寄生する種類の寄生虫です。

体内に寄生するものと同じようにたくさんの種類がありますが、その中でも特に有名なのがノミやマダニです。

 

ノミやマダニは、犬や猫と暮らしていると高確率で遭遇する外部寄生虫です。

ノミは体長1~3mmほどで縦に平たい褐色の体をもっており、肉眼で確認するのは難しい寄生虫です。

マダニも同じように体長約3~4mmほどと小さいのですが、マダニは吸血すると体が大きく膨れ上がるため肉眼で確認できるようになります。

これらの寄生虫は、草むらをはじめとしたさまざまな場所に潜んでおり、寄生対象である犬や猫が発する二酸化炭素に反応して寄生します。

どこにでもいる寄生虫ですが危険性は非常に高く、特にマダニは命に関わるおそれがある病気を媒介することがあります。

 

また、ノミやマダニは犬猫だけでなく人間も寄生対象にしているので、場合によっては人間もノミやマダニの被害を受けてしまいます。

そのため、定期的にノミダニ駆除薬を使って予防し、ノミやマダニによる悪影響から守らなくてはなりません。

愛犬や愛猫に適したノミダニ駆除薬を使用し、大事な家族の一員であるペットを外部寄生虫から守りましょう。

 

ノミダニ駆除薬を使わない方法は確実性に欠ける

ペットのイメージ画像最近では、インターネットを中心にノミダニ駆除薬は危険な薬だという偏った意見も増えてきています

このような意見を発信している人の多くは、ノミダニ駆除薬を使わない方法でノミやマダニを予防しようとしています。

飼い主さんの中には、そういった情報を実際に目にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ノミダニ駆除薬を使わない予防法は、確かに犬や猫の体に優しそうにみえます

しかし、そういった方法の多くは正確にいうと予防ではなく「忌避」であることが多く、確実にノミやマダニを予防するには難しい面があります。

より具体的に説明すると、ノミダニ駆除薬を使わない方法はノミやマダニを駆除するのではなく、ペットに近寄らないよう遠ざけるものです。

新たに寄生しようとする個体には効果的といえますが、すでに体に飛び移っている個体に対しては効果が期待できません。

そのため、ノミダニ予防をしっかりしていたはずなのに外部寄生虫の被害を受けるといった事態に繋がってしまいます。

 

また、こういった方法の多くはハーブを使用するため持続性に欠けるというデメリットもあります。

場合によってはハーブの効果が発揮されないこともあり、ペットがノミやマダニの脅威に対して無防備になってしまいます

アロマを使う方法もありますが、アロマで使用される精油の中にはペットの体に悪影響を与えるものもあるので注意が必要です。

愛犬や愛猫のためにも、ノミやマダニの予防には最初からノミダニ駆除薬を使うのが一番です。

 

お得に使えるノミダニ駆除薬といえば

通販を使うユーザー現在、ノミダニ駆除薬はさまざまな国で開発されており、たくさんの種類があります。

日本国内で使われているものだけに絞ってもかなりの数があり、それぞれに違った特徴と魅力があります。

その中で知名度が特に高く、世界的に有名といえるものがフロントラインプラスです。

ベーリンガーインゲルハイム社が開発、販売しているフロントラインシリーズの1つで、従来のフロントラインに有効成分を足したものです。

フロントラインよりも効果的にペットのノミダニ予防ができるため、実際に使ってみたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

1本でノミとマダニに加え、犬のシラミとハジラミ、猫のハジラミも駆除できるので愛犬や愛猫をこれらの外部寄生虫から守ることができます。

現在も多くの動物病院で処方されているので、名前を見かける機会も多いのではないでしょうか。

フロントラインプラスにはジェネリック薬がある

このような特徴があるフロントラインプラスは、発売されてから長い時間が経っています。

そのため、海外ではフロントラインプラスのジェネリック薬が作られており、より手軽にフロントラインプラスの効果を体験することができます。

フロントラインプラスのジェネリック薬なら、先発薬であるフロントラインプラスよりもお得にノミダニ予防が行えるため、こちらを使う方も増えてきています。

 

一口にフロントラインプラスのジェネリック薬といっても、さまざまな種類があります。

その中で有名といえるものが、サヴァ・ヴェット社が製造、販売しているフィプロフォートプラスです。

フィプロフォートプラスはインターネットにもたくさんの情報がある、多くの飼い主さんに使われている製品です。

インターネットを利用したらいつでも好きなときに手に入れられるため、気軽に試してみることができます。

お得にフロントラインプラスの予防効果を得たいと思ったときは、ジェネリック薬を活用しましょう。

 

フィプロフォートプラスはどんなノミダニ駆除薬なのか

ペットのイメージ画像先ほども軽く触れたように、フィプロフォートプラスはフロントラインプラスのジェネリック薬です。

インドの製薬会社であるサヴァ・ヴェット社が製造しているノミダニ駆除薬の1つで、小型犬用・中型犬用・大型犬用・超大型犬用・猫用の5種類が作られています。

小型犬用は体重10kg未満、中型犬用は体重10.1~20kg未満、大型犬用は20.1~40kg未満というように、体重によって適した種類のものが選べるようになっています。

愛犬や愛猫の体重を参考にして選ぶことができるので、適しているものを迷わず選ぶことができます。

配合されている有効成分は?

フィプロフォートプラスに配合されている成分は、フィプロニルとS-メトプレンの2種類です。

フィプロニルはノミやマダニの中枢神経系に作用するように作られた成分で、ノミやマダニの神経伝達物質が正常に結びつかないようにして麻痺を引き起こします。

このような作用によってノミやマダニを駆除し、ノミアレルギー性皮膚炎や重症熱性血小板減少症候群などの病気を予防します。

農薬にも使われることがあるため、最近では危険な成分であるかのようにいわれていますが、この成分は対象となる昆虫にのみ作用するよう作られています。

犬や猫にはほとんど悪影響を与えず、ノミやマダニのみを狙って駆除するため、安全性が高いといえます。

 

もう1つの有効成分であるS-メトプレンは、ノミの卵や幼虫、蛹に浸透することで効果を発揮します。

この成分は、ノミの成長に関わっている幼若ホルモンという物質とよく似ているという性質があります。

幼若ホルモンは幼虫の成長をコントロールする働きがあり、これが体内にある間はノミの卵や幼虫、蛹は成虫になることができません。

S-メトプレンはこのホルモンと同じ働きをすることによって、卵や幼虫、蛹の成長を抑えて成虫にならないようにします。

この働きによって、卵や幼虫、蛹も一緒に駆除してこれらが成長することによって引き起こされる再寄生を事前に予防します。

これら2つの有効成分が相乗効果を発揮し、ノミやマダニを効果的に駆除・予防します。

薬のタイプはスポットタイプ

ペットのイメージ画像このような特徴があるフィプロフォートプラスは、スポットタイプを採用して作られています

スポットタイプはいわゆる外用薬のことで、日本で使われているノミダニ駆除薬の多くはこのタイプで作られています。

肩甲骨間背部に薬液を垂らして使用するのが特徴で、内服薬が苦手な犬や猫にも使いやすいのが魅力です。

そのため、フィプロフォートプラスは内服薬を飲むのが苦手なペットに対して多く使われています

 

薬嫌いなペットにも使いやすいのがスポットタイプの魅力ですが、薬液を皮膚に垂らす都合上、投与後はスキンシップに影響が出るというデメリットがあります。

フィプロフォートプラスを投与したあとは薬液が完全に乾くまでの間、投与部位に触れないよう注意しなくてはなりません。

幼いお子さんがご家庭にいる場合、お子さんとペットの接触を避けなくてはならないこともあるので、使用するときはその点に注意が必要です。

また、投与後は一定期間中水浴やシャンプーを避けなくてはならないため、シャンプーの予定がある場合は先に済ませておきましょう。

フロントラインプラスと同じような感覚で使える

フィプロフォートプラスに使われている有効成分は、フロントラインプラスに配合されているものと同じです。

成分の配合量もフロントラインプラスと同じになっており、フロントラインプラスと同じ効き目を期待することができます。

採用されている薬のタイプも同じなので、フロントラインプラスと同じような感覚でお使いいただけます。

このような特徴があるため、フィプロフォートプラスは今までフロントラインプラスを使っていた方も安心して使えます

そのため、フロントラインプラスからフィプロフォートプラスへ変更する場合も苦労せずに切り替えることができます。

フロントラインプラスと同じ効き目があるだけでなく、使いやすく作られているのが本製品の魅力です。

 

フィプロフォートプラスはお得に使える

通販を使うユーザーご紹介したように、フィプロフォートプラスはフロントラインプラスと同じ効果をもっています。

そのため、フィプロフォートプラスとフロントラインプラスには大した違いはないのではと感じている方もいらっしゃるかもしれません。

確かに一見すると非常によく似ていますが、フィプロフォートプラスとフロントラインプラスは実は価格面に大きな違いがあります。

フィプロフォートプラスはフロントラインプラスよりも安い

フロントラインプラスは価格が高く、小型犬用のものは1本1,400円ほどの価格で販売されています。

中型犬用のものは1本1,600円、大型犬用なら1本1,800円と全体的に価格が高めです。

1箱あたりの価格にするともっと高くなるので、どうしても経済的な負担が気になってしまいます。

 

これに対し、フィプロフォートプラスは小型犬用のものが1本1,000円ほどで販売されています。

中型犬用なら1本1,066円、大型犬用は1本1,166円と非常にお得な価格になっています。

フロントラインプラスと比較した場合、小型犬用のものは400円安く購入できます。

中型犬用は534円、大型犬用は634円お安くなるため、ペットのノミダニ予防による支出の軽減に繋がります。

どうしてフィプロフォートプラスは安いのか?

なぜフィプロフォートプラスはこんなにも価格が安いのか、疑問に思った飼い主さんもいらっしゃると思います。

日本では安い薬はあまり効かないものというイメージが根付いているため、あまり効かないから価格が安くなっているのではと思ってしまった方もいるのではないでしょうか。

フィプロフォートプラスの価格が安い理由は、先発薬とジェネリック薬の違いにあります。

 

先発薬はいわゆる新薬のことで、有効成分を開発して作られています。

長い時間をかけて最初から成分を作っており、薬として発売されるまでにかなりの研究費と開発費がかかっています

そのため、先発薬はこれらの費用を回収するために価格が高めに設定された状態で販売されます。

 

一方、ジェネリック薬は先発薬の特許が切れたあとに作られるようになる薬です。

先発薬で効果があると明らかになった成分を使って作られるため、開発や研究にそれほど時間もお金もかかっていません

つまり、製造にそれほどコストも時間もかかっていないので、研究費や開発費を回収する必要がありません。

開発と製造の過程にこのような違いがあるため、ジェネリック薬は先発薬よりも安い価格で販売されています。

効き目が弱いから安くなっているというわけではないので、ご安心ください。

 

通販ならフィプロフォートプラスが買える

通販を使うユーザー価格の安さと効果の高さ、2つの大きな魅力があるフィプロフォートプラス。

飼い主さんにとって魅力的な特徴があるノミダニ駆除薬ですが、日本ではまだフィプロフォートプラスの認可がおりていません

そのため、日本国内では取り扱われておらず、処方してもらうことができません。

フィプロフォートプラスは通販で買おう

では、フィプロフォートプラスは一体どのようにして入手したらいいのでしょうか。

フィプロフォートプラスを使いたいと思った場合は、海外で販売されているものを購入する必要があります。

これだけ聞くとハードルが高いと感じてしまいますが、インターネットが発達した現在では簡単に海外からフィプロフォートプラスを購入することができます。

 

フィプロフォートプラスは、個人輸入代行の通販で取り扱われています

聞き慣れない方もいらっしゃるかと思いますが、個人輸入代行の通販は海外から商品を購入し、日本に送ってもらうことができる通販です。

この通販を利用すれば、わざわざ海外まで行かなくても簡単にフィプロフォートプラスを手に入れられます。

日本に商品を送ってもらうための手続きや海外のお店とのやりとりなど、専門的な知識や英語力が必要な部分はサイトを運営している業者の人がかわりにやってくれます

そのため、わざわざ専門的な知識や英語を学ばなくても気軽に利用することができます。

 

海外から商品を購入するなら、利用方法が難しいのではと思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、個人輸入代行の通販はそのようなことがなく、日本国内にある一般的な通販と同じような感覚で利用できます。

必要な商品を選んで数を選択し、商品を受け取るために必要な情報を入力して支払い方法を選んで、注文を確定させるだけで購入手続きが完了します。

あとは、選択した方法で代金を支払って無事に送られてくるのを待つだけです。

どのような飼い主さんでも手軽にフィプロフォートプラスを購入できるのが、個人輸入代行の通販の魅力です。

違法ではないので安全

海外から医薬品を購入する場合、本来なら厚生労働大臣の許可や承認、地方厚生局への生類の提出などが必要です。

そのため、個人が通販を利用して医薬品を購入するのは違法なのではと考えてしまうかもしれません。

しかし、一般の個人が自分で使用するために輸入するのであれば、税関での確認を受けたうえで輸入することができます。

これは薬機法で認められているので、通販でフィプロフォートプラスを購入しても法律に違反したことになりません

個人輸入代行の通販そのものにも違法性はないので、安心してご利用いただけます。

 

このような特徴がある個人輸入代行の通販ですが、購入した商品の扱い方を間違えたらこの限りではなくなってしまいます。

薬機法で認められているのは、海外から購入した商品を「個人的に」使用することを目的としている場合に限られています。

そのため、通販で購入したフィプロフォートプラスを購入した人以外が使えるようにするのは禁止されています

具体的には、通販のフィプロフォートプラスを他の人に譲ったり売ったりする行為がこれに当てはまります

誰かに頼まれてフィプロフォートプラスを代理購入するのも該当するので、こういった扱い方をしないよう注意しましょう。

 

どれくらいの日数で受け取れる?

通販を利用するにあたって、忘れずに確認しておきたいのが受け取れるまでにかかる日数です。

特にフィプロフォートプラスの場合、ノミやマダニが活発に活動する季節に間に合うように注文しなくてはなりません

そのため、個人輸入代行の通販を利用した場合はどれくらいの日数で受け取れるのかをしっかり確認しておく必要があります。

 

個人輸入代行の通販で購入した商品は、真っ直ぐ注文した人の手元に送られてくるわけではありません。

まず、海外の店舗から日本に発送し、税関で個人輸入しても問題ないものかを確認し、問題ないと判断されたら宛先管轄業者へと配送されて注文した人の手元に送られます。

海外から日本への発送には約4~5日、税関での確認には約2~3日ほどの日数がかかり、宛先管轄業者への配送には約1~2日ほどかかります。

そこから実際に受け取るまでに約1~2日かかるので、大体2週間程度の日数で受け取れます

早く発送してくれた場合でも、1週間は必要なのでフィプロフォートプラスを注文するときは1~2週間余裕があるうちに注文しておきましょう。

2週間過ぎても届いていない場合は?

1~2週間以上の日数が過ぎてもフィプロフォートプラスが手元に届いていない場合、何らかのトラブルが発生している可能性が高くなります。

もっとも多いトラブルは通関手続きで、何らかの理由で通関手続きを完了することができずに税関で止められてしまっている状態です。

この場合、税関から「通関手続きのお知らせ」というハガキが送られてくるので、そういったハガキが自宅に届いているかチェックしましょう。

 

通関手続きのお知らせには、担当税関の連絡先と通知番号、連絡事項などが書かれています。

止められた理由によって必要な手続きは変化しますが、理由ごとに職員の人に教えてもらえるので安心してください。

このようなハガキを受け取っていた場合は、慌てずに税関へ連絡をして必要な手続きを教えてもらい、それに従って手続きを進めましょう

手続きが完了したら商品を送ってもらえるようになるため、受け取ることができるようになります。

適切な手続きをしないといつまで経っても受け取れないので注意しましょう。

 

より安全に通販でフィプロフォートプラスを購入するために

通販を使うユーザーかつてのインターネットには、個人輸入代行の通販を装った詐欺サイトや悪質なサイトが多く存在していました。

2017年の3月に広告規制に違反しているとして、そういった違法サイトや悪質サイトは大量に閉鎖されましたが完全になくなったわけではありません

新たに開設されたものや、密かに運営を続けているものもあるので、個人輸入代行の通販を利用するときはそういった悪質サイトに注意しなくてはなりません。

より安全に通販でフィプロフォートプラスを手に入れるためにも、悪質なサイトや詐欺サイトには十分気をつけましょう。

サイトの文面をよく確認してみよう

とはいっても、どのように悪質サイトや詐欺サイトを避ければいいのかわからなくて困っている方もいらっしゃるでしょう。

悪質サイトや詐欺サイトを避ける簡単な方法として、サイト内の文面に注意するというものがあります。

安心して利用できる優良なサイトはきちんとした日本語で説明が書かれていますが、悪質サイトや詐欺サイトだと日本語なのに文面がおかしい場合があります

ちょっとした誤字脱字ならそれほど気にすることはありませんが、文法的に明らかにおかしいと明らかにわかるときは悪質サイトや詐欺サイトである可能性が高まります。

口コミ投稿を受け付けているサイトの場合は、口コミの中にも明らかにおかしいとわかるものがないか、忘れずにチェックしておきましょう。

セキュリティーをチェックする

また、悪質サイトや詐欺サイトは通販サイトそのもののセキュリティー対策が甘いことがあります。

通販は個人情報を取り扱うため、多くのサイトは個人情報を取り扱う画面やサイト全体のセキュリティー対策がきちんと行われています

そのため、セキュリティー対策がされているかどうかで安心して利用できるか、ある程度判断できます。

セキュリティー対策が適切に行われているサイトの場合、サイトのアドレス冒頭部が「https://」になっています。

使用しているブラウザによっては、南京錠のマークが表示されているのでこういった表示がされていたら安心して利用することができます。

これに対し、アドレス冒頭部が「http://」になっていた場合は、残念ながらそのサイトはセキュリティー対策にあまり力を入れていないということになります。

利用しようかなと思ったサイト全体や、決済画面のアドレスがこのような表記になっていた場合は、そのサイトの利用を避けましょう。

事前に一度問い合わせてみる

より簡単に悪質サイトか否かを確認したいときは、本格的に利用する前に問い合わせてみましょう。

個人輸入代行の通販には、トラブルがあったときのためや疑問点があった際に連絡がとれるよう、お問い合わせ用のメールフォームが用意されています。

こういったメールフォームを使って疑問点や聞いておきたいことを質問することにより、サイトを運営しているスタッフの対応を確認できます

優良な通販では丁寧に対応してもらうことができますが、悪質サイトや詐欺サイトだとスタッフの対応が悪かったり返事が来るまで異様に時間がかかったりします。

簡単に送信できるようになっているので、気になる方は一度問い合わせのメールを送信してみましょう。

 

個人輸入代行の通販の中には、問い合わせ用のメールフォームだけでなく電話番号も用意しているところがあります。

メールフォームからの問い合わせだと返事が来るまでに少々時間がかかってしまいますが、電話番号なら即座に対応してもらうことができます

電話だとスタッフの人と直接声でやりとりができるので、一体どのような対応をするのかより詳細に知ることができます。

できるだけスピーディーに確認したいという方は、電話対応を受け付けているところを利用しましょう。

 

安全な通販でフィプロフォートプラスを購入しよう

・愛犬や愛猫のノミダニ予防には薬の使用が一番

・フィプロフォートプラスはフロントラインプラスのジェネリック薬で、フロントラインプラスよりも安い

・日本では取り扱われていないので購入するには個人輸入代行の通販を利用する必要がある

・個人輸入代行の通販に違法性はないが、購入したフィプロフォートプラスの取り扱い方には注意

 

フィプロフォートの画像サヴァ・ヴェット社から販売されているフィプロフォートプラスは、安い価格でフロントラインプラスと同等の効果を得られる優れたジェネリック薬です。

有効成分はもちろん、薬のタイプもフロントラインプラスと変わらないため、今までフロントラインプラスを使っていた人も安心して使用できます。

入手するには個人輸入代行の通販を利用する必要があり、それ以外の方法では手に入れられないので注意しましょう。

また、個人輸入代行の通販は多くのサイトが安心して利用できるところですが、中には悪質サイトや詐欺サイトが混ざっていることもあるので気をつけましょう

上手に通販を活用してフィプロフォートプラスを入手し、費用の負担を軽減しつつノミダニ予防を行いましょう

フィプロフォートプラスの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました