害虫の感染を防ぐ

lonely dog

そもそもフィラリア症がどんな病気か知らないという人も多いのではないでしょうか。
これはフィラリアという寄生虫によって引き起こされる病気であり、犬や猫の体内に寄生することで起こります。
どのようにしてペットの体内に寄生するかですが、フィラリアは蚊を利用して寄生してくるのです。
体内にフィラリアを寄生させた蚊が犬や猫から血を吸う際に、フィラリアは蚊から犬や猫に寄生先を変更するのです。
心臓部や肺動脈に寄生してしまうため、ここで成虫になられてしまうと血液の流れは悪くなってしまいます。
これによって重度な症状が発症してしまい、最悪の場合は突然命を落としてしまうのです。

蚊はどこからでも室内に侵入してきますので、室内・室外問わず、常にペットは危険に晒されていると考えていいでしょう。
いつかフィラリアが感染するかわかりませんし、仮に感染したとしてもペットは身体の異変を人間に伝えることができません。
呼吸困難や血尿などが見られる場合には、フィラリアが感染してしまっている可能性が高いので注意しましょう。
しかし、これほどの症状が出ているということは、すでにかなり深刻なレベルにまで症状が悪化している可能性が高いです。
そうなってしまわないよう、異変を感じてから治療をするのではなく、あらかじめ予防することが重要になってくるのです。

今回紹介するカルドメックは、フィラリアのような害虫を予防する効果を持っており、ペットを守ってくれる治療薬です。
カルドメックを早い段階で購入し、投与してあげることで、フィラリアによる危険を回避することができるでしょう。
また、カルドメックが素晴らしいのは、すでにフィラリアが感染してしまっている場合でも駆除の効果を発揮してくれるという点です。
予防にも治療にも便利な治療薬となっていますので、犬や猫を飼っている人は早めに購入しましょう。